ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鳳楽師 円熟の厚く語る阿武松

両国寄席です。

じゅうべえが浮世床の将棋と本。

わん丈さんは近江八景。ふるさと滋賀ゆかりの珍品です。

左吉さんはぼやき酒屋。文枝作品の妙味を掴んでいます。

幸之進さんはつる。軽々とこなしてフワッとしています。

枝太郎師は星野屋。ラノベ風味のコミカルな味わいです。

喜八楽師は岸柳島。張らずに抜かずに本格的に演じます。

鳳志師は小言幸兵衛。緩急に巧くスパイスを効かせます。

紫文さん。

鳳楽師は阿武松。語りの厚みが円熟して充実しています。