ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

歌扇さん 優しく描く竹の水仙

年に一度?夜のほくとぴあ亭です。

あまぐ鯉が新聞記事。

鯉津さんは真田小僧。パッと明るく演じつかみます。

羽光さんは思い出のプリクラ。ドキドキしてきます。

真紅さんは桂昌院。ハリがありキレイになってます。

歌扇さんは竹の水仙。客席に優しい温かい高座です。