ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談修師迫真の語り 妲己のお百

立川流日暮里寄席です。

かしめが子ほめ。

寸志さんは庭蟹。おっさんの軽快感がナイスです。

吉笑さんは一人相撲。骨折と汗と笑いの熱演です。

志遊師はつづら泥。やさしく軽妙にして端整です。

ぜん馬師は粗忽の使者。シブいおかしさが素敵です。

雲水師は青菜。上方の植木屋さんは終始愉快です。

談四楼師は十八番の三年目。心がかよう話芸です。

談修師は妲己のお百。かなり怖~い迫真の語りです。