ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

市馬師 旦那の了見が光る寝床

国立演芸場の中席です。

扇ぽうが子ほめ。

市江さんは権助魚。聞きやすく和みます。

栄枝師は音曲風呂。素朴に語る珍品です。

紙切りは楽一さん。

左龍師は棒鱈。料理屋も珍歌も迫真です。

吉窓師は近日息子。軽く客席を掴みます。

林家ぺーさんの余談。

円太郎師は締め込み。ウンデバ充実です。

奇術は伊藤夢葉さん。

市馬師は寝床。旦那の心情の微妙な変化が冴え渡ります。