ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

菊之丞師 腕の光る井戸の茶碗

黒門亭の第二部です。

小ごとが道灌。

朝之助さんはだくだく。落ち着いて面白くなっています。

富蔵師はお見立て。誠実な人柄がじわっと滲む高座です。

鉄平師は看板のピン。人生の年輪が感じられる高座です。

菊之丞師は井戸の茶碗。卓越した演技力で上等な喜劇の味わいです。