ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

円遊師 年季を込め凄みの夢金

国立中席の夜の部です。

楽ちんが一目上り。

宮田陽・昇さん。

真紅さんは三家三勇士より故郷の水戸の和田平助

小柳師は長屋の花見。ほんわかした貧乏長屋です。

奇術は瞳ナナさん。

楽輔師は幾代餅。清蔵の誠実な告白がナイスです。

紅師は春日局と竹千代。三代将軍家光に育てます。

歌若師は牛ほめ。しっかりした模範的な演技です。

紙切りは今丸さん。

円遊師は夢金。さすが年季の入った凄みがあります。