ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小円楽師 痛快に酔ってらくだ

両国寄席です。

まん坊が十徳。

鯛好さんは替り目。べろんべろんに酔ってくれます。

菊春師は宮戸川。きょろきょろっと飄々と演じます。

正雀師は大師の杵。バレを抑えてしっとり語ります。

楽之介師は初音の鼓。三遊亭らしい確かな運びです。

兼好師は雛鍔。調子でも表情でも笑わせてくれます。

兼太郎さんはみそ豆。ワンポイント中継ぎ登板です。

竜楽師は紀州。地噺に御三家の格調が高く香ります。

太神楽は花仙さん。土瓶をがんばっています。

小円楽師はらくだ。酔っぱらっていくくず屋が痛快です。