ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

昇也さん 果敢に百年目に挑戦

二ツ目勉強会です。

幸七が狸札。

竹千代さんは親子酒。豪快な酔っ払いぶりが持ち味です。

A太郎さんは紙入れ。ネタおろし?....納得の仕上げです。

ナオユキさんシブい!カッケー。

談幸師は茶の湯。飄々とした愉快な持ち味を効かせます。

鯉津さんは天狗裁き。「どんな夢?....」の間が的確です。

ステファニーはここあさん。

昇也さんは百年目。難しい長講に挑み緩まずにキメます。