ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

天どん師 情感のこもった芝浜

池袋演芸場の'"ほぼ新作"の下席は千秋楽も大入りです。

市朗が真田小僧

たん丈さんは白鳥作のじじ太郎。

きく麿師はスナックヒヤシンス。

百栄師は年季の入った露出さん。

ニックスさん。

彦いち師は自伝的な長島の満月。

一之輔師はセンスの光る味噌蔵。

粋歌さんは純な銀座なまはげ娘。

小ゑん師は伝承の至宝ぐつぐつ。

楽一さん。

天どん師は情感のこもった芝浜。女房の語る経緯を抑えて見事です