ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

一蔵さん迫力満点 凄い阿武松

二ツ目勉強会です。

たま平が強情灸。

緑太さんは鷺とり。余裕があってスッキリさわやかです。

小かじさんは蛙茶番。真面目にしっかり演ってくれます。

たこ平さんは抜け雀。独自の間をうまく効かせています。

粋歌さんは白鳥作の恋するヘビ女。珍妙な場を醸します。

一蔵さんは阿武松。体格を活かした見応え十分の地噺で本領発揮です。