ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

馬楽師 滋味のあふれる蛙茶番

国立演芸場中席夜の部です。

朝七がつる。

木りんさんは力士の春。自伝じゃなくて昇太作品です。

天どん師はタラチネ。英語を織り込む構成力が光ります。

ストレート松浦さん。

龍玉師は強情灸。江戸っ子のキレキレの意地っ張りです。

正雀師は小間物屋政談。じわり染み込む熟達の語りです。

笑組さん。

菊春師は親子酒。愛嬌たっぷりの酔いっぷりが最高です。

ぺぺ桜井さん。

馬楽師は蛙茶番。巧みにして滋味あふれる至上の一席です。