ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

楽生師 喜怒哀楽鮮やかに心眼

両国寄席は五代目円楽追善興行で、師の十八番が並びます。

西村が強情灸。

好の助さんは高砂や。おめでたい昇進もそろそろ間近です。

究斗師はあゝ無情。歌い上げが嬉しいミュージカル落語です。

正雀師は羅宇屋は紫檀楼古木。師匠八代正蔵譲りの珍品です。

紫文さん。

全楽師は猿後家。間合いも確かに客席を沸かせて、快笑です。

志遊師は寄合酒。軽快に要所をつかみます。ほぼ鉄板です。

奇術はダーク広春さん。

楽生師は心眼。梅喜の喜怒哀楽をくっきり描いた好演です。