ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

はな平さん 竹庵も光る幾代餅

二ツ目勉強会です。

ぐんまがまんじゅう怖い。

駒次さんはビール売りの女。いまや鉄板の代表作です。しみじみ味わう長講に育ちそうです。

花ごめさんは片棒。神田囃子を思わず応援しています。素朴な持ち味を大切にして伸びます。

歌太郎さんは寝床。張って押して寄り切る高座です。NHKの決勝進出の気合いは十分です。

遊京さんは時そば。狡猾と阿呆として、後の男の人柄の好さを際立たせる工夫がナイスです。

はな平さんは幾代餅。林家らしい面白い竹庵と、おなじみの誠実な清蔵の対照を効かせます。