ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鳳志師 オモタメオツなお血脈

両国寄席です。

好也がのめる。

愛九さんは狸札。あせらず自信をもって語れば落ち着きます。

枝太郎師はかっぱの手。白鳥作品に独自の工夫をしています。

丈二師は松山鏡。新作の師匠達の語る古典は言葉が届きます。

萬窓師は宮戸川。しっとり無駄なく情感まで描いていきます。

小円楽師はお化け長屋。江戸っ子気質が人物に満ちています。

円福師はかぼちゃ屋。にぎやかにいろいろ奮闘してくれます。

奇術はダミーさん。

鳳志師は善光寺の由来からお血脈。本格派は地噺もオツです。