ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

やればできる昇吾さん 松山鏡

神田連雀亭の日替り夜席です。

鯉丸さんは子ほめ。ゆったり構えながら繊細で懐の深さを感じます。

愛九さんはピカチュウのマクラから狸札。独自の工夫をしています。

正太郎さんは反魂香。さすが実力者は語りも仕草もしっかり魅せます。

昇吾さんは松山鏡。トリで客席を惹きつける力を示してYDKです。