ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小辰さん 丁寧な仕上げの転宅

二ツ目勉強会です。

たま平が浮世床の夢。

伊織さんは鮑のし。余計なクセがなく前途有望です。

たん丈さんは老人前座。じじ太郎ががんばってます。

さん若さんは馬の田楽。大らかにのどかに演じます。

木りんさんは七段目。芝居がとっても楽しそうです。

小辰さんは転宅。丁寧に稽古された上々の一席です。