ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

一朝師 江戸の気風満ちる天災

国立演芸場上席夜の部です。

朝太郎が子ほめ。

朝之助さんはつぼ算。張り切っていてじつは繊細です。

三朝師は唖の釣。すでに真打の風格がにじんでいます。

マギー隆司さん。

馬石師は駒長。お駒も丈八も巧みにモノにしています。

小里ん師は一人酒盛。自然に演じてスゴい臨場感です。

琴調師は鋳掛の松。情景が浮かぶ卓越した描写力です。

彦いち師は熱血!怪談部。化物使いを踏んで爆笑です。

小円歌さん。

一朝師は天災。湧き出る江戸っ子ぶりがたまりません。