ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

染二師 なにわの風の借家借り

JAL名人会です。

一猿が狸札。

小笑さんは粗忽の釘。何ともいえないとぼけた素のキャラが合っています。

王楽師はしの字嫌い。意外に難しい噺で、三遊亭の高度な話芸が光ります。

菊之丞師は幾代餅。思いやりあう江戸っ子の気風が心地よく満ちてきます。

ホンキートンクさん。

染二師は借家借り。情も艶もあるなにわの風が吹いている充実の語りです。豆腐屋のなれ初めに婆さんがホロッとし、都々逸、曽根崎心中へと盛り上げる素敵な小言幸兵衛です。