ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談修師 やさしく演じる蛙茶番

立川流日暮里寄席です。

錦笑が道灌。思わず客席が応援って......ピクミンみたいです。

吉笑さんは一人相撲。着眼点も関西弁も合わせてにぎやかです。

こはるさんは権助提灯。女たちが冴えて豪快な権助に笑えます。

志ら玉師は近日息子。ほのぼのとした持ち味が活きて和めます。

談四楼師は人情八百屋。立川流の本領をじっくりと味わいます。

志獅丸さんは青菜。相模原を獲った後半の爆笑はもう鉄板です。

談之助師は漫談あれこれ。

談修師は蛙茶番。十八番はやさしく枯れた風味になっています。