ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

好楽師 温かく人柄描く三年目

両国寄席です。

はち好が酒の粕~牛ほめ。

鯛好さんはまんじゅう怖い。それなりにイイ工夫があります。

左橋師はお花半七。なごやかでおおらかな安らぎの一席です。

好太郎師はちりとてちん。じっくりコシがあってシブめです。

ぜん馬師は何と講談!は組小町。服部伸のじわり泣ける噺です。

栄楽師は浮世床の夢。艶笑風味の楽しさで客席を惹きつけます。

鳳志師は紀州。クイツキの地噺の加減を心得て軽快に運びます。

ダーク広春さん。

好楽師は三年目。やさしい亭主の人柄を丁寧に描いて見事です。