ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

冷たい雨に 温かい立川流夜席

立川流夜席です。

談洲が子ほめ。

談吉さんは黄金の大黒。持ってるキレ味が活きるコシやタメが芽生えています。

志奄さんは権助魚。ムーディーな語り口の中にときどきキラリが見えています。

談慶師は天災。八五郎と名丸先生の対照を効かせてサゲまで盛り上げています。

晴の輔師は寿限無。後半に今どきのセンスでカラッと仕上げる工夫があります。

里う馬師は強飯の女郎買い。熊五郎の人柄と存在感がじわじわと充ち満ちてくる名演です。