ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

素敵な面々が揃った池袋中席

池袋中席です。

昼トリの左龍師は厩火事。確かな腕とお崎の豊かな表情に爆笑です。

そして夜の部。

朝七が子ほめ。

わん丈さんはそうだ寿限無きこう。あっくんに笑い泣きです。

龍玉師は親子酒。酒呑みを憎らしいほど巧みに演じています。

一風千風さん。

小せん師は三人無筆。帳付けの人々を具合いよく描写します。

文蔵師はスゴい道灌。噺の可能性を玄妙愉快に開花させます。

アサダ二世さん。

白酒師は茗荷宿。茗荷づくしのメシでこんなに笑えるなんて。

一之輔師はなんと館林! 武者修行と珍妙なサゲの迷品です。

お仲入り。

披露目直前の朝也さんはそば清。どぉ~もの声も高らかです。

小団治師はがまの油。気骨稜々の逞しい語りがたまりません。

ストレート松浦さん。

天どん師はおせつ徳三郎より花見小僧。春らしくふわっと楽しい仕立てです。