読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

松鯉師 色濃く演じる男の花道

池袋演芸場の中席です。

昼トリの笑遊師から入って、いきなり抱腹絶倒の祇園祭はラッキーです。

そして夜の部。

みのりが寛永宮本武蔵伝より熱湯風呂。いいね!

松之丞さんは寛政力士伝より雷電初土俵。とりあえず、迫力満点です。

マグナム小林さん。

昇之進師は看板のピン。いつもより力強い語り口で盛り上げてくれます。

とん馬師は犬の目。そして粋に踊るかっぽれです。具合が整っています。

宮田陽・昇さん。

夢丸師は旅行日記。しみじみ味わえる今輔師の名作は芸協ならではです。

茶楽師は寝床。すねた大旦那の復帰の場がじつに上等なヤマ場になっています。

マジックジェミーさん。

鯉栄師は扇の的。客席に配慮しながら、鮮やかに語り尽くしてくれます。

歌春師は強情灸。意外にもこの噺で師匠の艶のある語り口が光るんです。

ボンボンブラザースさん。

役者伝特集の松鯉師は男の花道。半井源太郎はじめ人物のたたずまいを色濃く描いて見事です。