ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小はぜさん 柳派らしい提灯屋

研精会です。

小多けがたらちね。

正太郎さんは雛鍔。堂々とした厚みのある演じ分けです。

志ん吉さんは幇間腹。メリハリが調子よくなっています。

わん丈さんは妾馬。明るい空気をつくるセンスが光ります。

昇々さんは浮世床の夢。独自のプルプル女を効かせます。

小はぜさんは提灯屋。柳派らしい肩のこらない滑稽味です。

新しい面々もなかなか演ります。