ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談之助師の熱演だぁ! 鮫講釈

立川流日暮里寄席です。

笑んがつる。

寸志さんは幇間腹。一八の明るい好調子が冴えています。

笑二さんは道具屋。可愛げのある仕掛けが光っています。

志遊師は蔵前駕籠。メリハリの効いた確かな十八番です。

雲水師はみかん屋。かぼちゃ屋勝りの商魂がさすがです。

志の春さんはナンシー。心のこもった…義理チョコです。

談四楼師はお国言葉あれこれ。本書く本格派の奥行きです。

談之助師は桑名船って鮫講釈。トリの熱演で盛り上げます。

如月の〆は吉例・豆まきです。