ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

茶楽師 柔らかく語る品川心中

広小路亭正月二乃席の千秋楽です。

桜子が安政三組盃より繁蔵の出世。

べん橋が牛ほめ。

喜太郎さんは初天神

鯉斗さんは転失気。この3本みな子どもたちに大ウケです。

コントは青年団さん。

紫師は中山安兵衛の高田馬場駆け付け。安定感があります。

米多朗師は粗忽長屋。奇妙な世界をわかりやすく演じます。

太神楽はよし乃さん。

栄馬師は紺屋高尾。さらりと染みてくる味わいがあります。

お仲入り。

小蝠師は田能久。のどかな田舎の雰囲気を楽しく描きます。

売り声は宮田章司さん。

小夢師は看板のピン。からっと明るい博打場がナイスです。

笑遊師は祇園祭。江戸っ子ぶりと神田囃子が冴えています。

俗曲は扇鶴さん。

茶楽師は品川心中。金蔵のおバカキャラを柔らかい語りで描いていきます。