ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

ベテランと若手の魅力 立川流

立川流日暮里寄席の新年はお膝おくりの大入りです。

笑んが子ほめ。

こはるさんは初天神。腕白に演じながら客席を観ています。

左平次師は山号寺号。ほんわか調子に気持ちよくなります。

小談志師は時そば。飽きのこない、プレーンな語り口です。

ぜん馬師は尻餅。しみじみとマクラからの哀感も紡ぎます。

志らべさんは長短。考える長さんって意外におニューです。

志遊師はふぐ鍋。今なら早く喰えよって美味しい一席です。

龍志師は六尺棒。親子が遊んでいるようなのが、キモです。

雲水師は鉄砲勇助。(枝雀を彷彿としながら)理屈抜きに笑えます。

ビギンズも若手も元気だ! 今年も観よう立川流