読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

昇々さん 堂々と鉄板の湯屋番

神田連雀亭の初席の第二部です。

吉緑さんは悋気の独楽。落ち着きに精進ぶりを感じます。

らく人さんは真田小僧。独特の飄々としたスタイルです。

三四楼さんはサイボーグ馬物語。バカバカしい限りです。

けい木さんは漫談で噺家と正月。達筆ぶりに感心します。

鯉津さんは熊の皮。力強く張って気合いを入れています。

かゑるさんは漫談で小三治とかまぼこ。こりゃ大物です。

楽大さんは狸の札。おおらかで福々しい演じっぷりです。

緑太さんはたらちね。正月らしく真面目に演じています。

かゑるさんの愉快なものまね。

昇々さんは湯屋番。家族のマクラで掴み、十八番でキメる堂々の仕上げです。