ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雲水師のけんげしゃ茶屋だ!

しのばず寄席の夜の部の半ばからです。

雲水師のけんげしゃ茶屋。この時期の上方ならではの風物詩です。

一乃師は熊谷直実・敦盛最期。美しく戦記の光景を描き出します。

はたけんじさん。

伸治師は幇間腹。客席をぐっとリラックスさせる素敵な話芸です。