読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

さん喬師巧み 人柄を描く妾馬

国立演芸場・中席の夜の部です。

小多けがたらちね。

さん若さんは権助魚。権助の田舎者ぶりがナチュラルです。

さん助師はやかん泥。軽妙な調子で心地よく運ばれます。

のだゆきさん。

白鳥師はアジアそば。親日家?のインド人に大爆笑です。

歌司師は紺屋高尾。表情や仕草の醸す演技力が凄いです。

笑組さん。

喬之助師は引越の夢。どこまでも明るく大きくクリアです。

翁家社中は小楽師と小花さんです。

さん喬師は妾馬。八五郎はもちろん、どの人物の❝人柄❞も愛おしく描いて素敵です。