読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雲水師 胸に迫るたちきれ線香

立川流夜席です。

かしめが孝行糖。

笑二さんは(乞食の)元犬。独自の改作として育っています。

こはるさんは鮫講釈。しっかり語り気風よく仕上げています。

龍志師は紙入れ。かわいい新吉が映えるオツな艶笑風味です。

小談志師は蔵前駕籠。ツボを押さえながらさらっと語ります。

雲水師はたちきれ線香。前半は番頭の言葉で引き締め、後半は女将の言葉がじわっと胸にしみてきます。