読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

好楽師の懐の深い語り 子は鎹

好楽・すみれ二人会は大入りです。

西村がたらちね。

好楽師の一席目は文枝作の妻の旅行。客席の定年世代の共感を誘います。

すみれ師は神崎与五郎東下り仮名書きの詫び証文。牛五郎がいい味です。

お仲入り。

すみれ師は南鶴作の曲馬団の女。終戦後の空気感まで醸し出しています。

好楽師のトリは子はかすがい。熊五郎の恥じらいまで描く熟達の語りです。