ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雷蔵師の力強い大旦那の寝床

国立中席の千秋楽です。

全太郎が子ほめ。

和光さんは見世物小屋。正面に入って行けば...愉快なもぎとりです。

奇術は小泉ポロンさん。

円満師は骨皮。いまでは金明竹の序です。端整に演じてくれました。

京丸・京平さん。

幸丸師は田中角栄伝。得意の世相漫談から往時を懐かしく想います。

可龍師は初天神。クイツキらしく、カラッと明るく演じてくれます。

円丸師はお花半七。叔父さんのちょいエロ親父な感じが面白いです。

江戸曲独楽はやなぎ南玉さん。

雷蔵師は寝床。大旦那がちゃんとコワくて、場に締まりが生まれ、見応えがあります。