読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

三三師の巧みな描写 錦木検校

池袋演芸場の下席は千秋楽です。

小かじが二人旅。

わん丈さんは凝り性親分。乙女趣味から給食の検食へと作りやすい仁侠モノです。

たけ平師は珍しい小田原相撲。声が活きる得意の地噺は林家の明るい仕上げです。

さん助師は汲みたて。魅惑の語りに誘われてとんでもないサゲに導かれています。

ホンキートンクさん。

金馬師は蝦蟇の油。いまや拝見できるだけでありがたいヴィンテージな口上です。

菊志ん師は酢豆腐。本寸法のようで若旦那のキャラなどに独自の工夫が光ります。

ひろ木さんは看板のピン。師匠の絵のように陽気に描いて、リラックスできます。

琴柳師は安兵衛の道場破り。駆け付けより地味なところを渋めに語ってくれます。

仙三郎社中。

三三師は三味線栗毛というか錦木検校。巧みな語りにいつの間にか引き込まれていきます。