ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

伸三さん 加減のいい品川心中

今日は芸協の二ツ目勉強会です。

茶光が手紙無筆。

伸力が狸札。

鷹治さんは千早ふる。師匠よりも耳に優しい声です。丁寧に語るほど活きてきます。

鯉八さんはゲラッパなダイナマイト。期待値が高くって、意外性がもの足りません。

京太ゆめ子さん。

金太郎師は十八番の徂徠豆腐。あらゆる登場人物に、江戸の気風が満ちていきます。

遊子さんはがまの油。中手が入る口上の適度な怪し気が、奇しくも奏功しています。

マグナム小林さん。

伸三さんは品川心中を賭博まで。金蔵の加減を軸にした本寸法です。まだまだ描き込んでイケます。