ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

翔丸さんの暑いちりとてちん

神田連雀亭のお盆興行の昼の部です。

けい木さんはお菊の皿。ちゃんと怖くして、対照で後が面白くなる、好感覚です。

来春昇進のろべえさんはもぐら泥。亡き師匠の風が吹いているさすがの軽妙さです。

鯉津さんは犬の目。妙に逞しいシャボン先生が独特な雰囲気を醸し出しています。

扇さんは宗論。現代っ子のセンスで明るく可愛く演じて、噺の可能性を拓きます。

くま八さんはいも俵。渾身のマクラが効かなくても何気なく噺に入って健気です。

小辰さんはのめる。このところフザケずに本寸法の運びで、安心して楽しめます。

天歌さんは言うな!。スポーツ録画にあるあるの自作で、五輪にも合っています。

翔丸さんはちりとてちん。遅刻を挽回していつもより懸命に人一倍暑く演じます。