ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

志ん吉さん 細マッチョな明烏

今日は研精会です。

かな文が初天神

小辰さんは夢の酒。笑いよりも細部まで気を配った入船亭らしい端整な運びです。

こみちさんは稽古屋。喜撰から道成寺の振りまで自然にキレイにキマっています。

昇々さんはつぼ算。昇々流の絶叫する店主に馴染んでくるとリラックスできます。

市楽さんは三年目。筋が通っているのに、あえてファンキーに演じる妙味ですか。

住吉踊りに賭ける志ん吉さんは甘納豆はダイエットして、可哀想な象のある明烏。(お揚げのお供えって、観たことあったっけ)