ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

さん喬師 スゴい唐茄子屋政談

池袋演芸場の下席です。

市若が金明竹

小太郎さんは弥次郎。鴨ぶりで客席をつかんで底抜けに明るくサラ役を果たします。

小伝次師は平林。ここは技巧は抑えながら噺の持ち味を平明に引き出してくれます。

小燕枝師は長短。長さんに貫禄が添えられて、友情は絶妙な味わいになっています。

とんぼまさみさん。

左龍師は壷算。練り上げた話芸が今日は鮮やかにキマってとことん快調な運びです。

雲助師はお菊の皿。お菊さんがノリノリになっても噺の緊張感は保っている模範演技です。

お仲入り。

さん助師は置泥。悲壮感は強調しないで、楽しめるように軽妙に描いていく技です。

扇辰師は悋気の独楽。スゲー恐い奥方によって旦那や定吉のスタンスが定まっています。

小菊さん。

さん喬師はスゴい唐茄子屋政談。緩急や強弱の技巧を駆使して、どこまでも情感を満たしていきます。