ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

翔丸さんの悋気の幽霊は自作

神田連雀亭の日替り寄席です。

市童さんは一目上がり。25才らしからぬ落ち着いた危なげのない運びです。

小辰さんは鰻の幇間。前半は入船亭らしい繊細さで、後半は払うよ!とヤケの一八を熱演です。

笑二さんはかぼちゃ屋。25才なのに与太郎の間と表情で笑いがとれてます。

代バネの翔丸さんは悋気の幽霊。三年目風に入って不美人で退くので演られない芸協発掘モノかと思いきや自作とのこと。まとまりはいいので諸先輩の案を聞いて美人に磨いてほしいです。