読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

米多朗師 優しく語る浜野矩随

上野広小路亭定席です。

桜子が巴御前

楽ちんが黄金の大黒。

寿・昇進のアルパカ似の昇羊さんは二人だけの秘密。擬古典のあるあるの新作です。

愛橋師はニュースほらっちょ。ドン引きされたって突き進むショーンボリKです。

国分健二さんがまともに見えます。小林旭を唄ってほしかったなぁ。

喜太郎さんは奥様は女子プロレスラー。設定はともかく台詞を磨けばまだイケます。

鯉橋師はこんにゃく問答。清く愉快な本寸法で、ここまでの流れを変えてくれます。

美由紀さん。

楽輔師はお花半七。老夫婦の味よりも、ベテランの演じる若い二人が格好いいです。

お仲入り。

竹三さんは木津の勘助。師匠が移した噺を、こう堂々とモノにするとはさすがです。

コントD51さん。大ウケです。

小文治師は酢豆腐。この噺の愉快なツボを押さえている洗練された運びに納得です。

南なん師は蜘蛛駕籠。あ~ら熊さんと、多彩な客たちを滑稽味たっぷりに演じます。

小助・小時さん。

米多朗師は浜野矩随。格式ばらず、噺の意味するところをやさしく語ってくれます。