ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

新真打揃い踏み 充実の披露目

国立演芸場の夜の部の披露目です。

馬ん長が雑俳。

可龍師はたらちね。寄席踊りはおめでたいせつほんかいな。どちらもキレイです。

松鯉師は紀伊国屋文左衛門より屏風の蘇生。小さなエピソードを確かに描きます。

ひでややすこさん。サイコー!サイコー!

小遊三師は付き馬。男の虚実を巧みに描いて、道中逃がさない仕草を効かせます。

可龍師の司会で真打ち揃っての口上。

円馬師はつる。実力者の前座噺に出会えました。力強くてコシがハンパないです。

可風師はのっぺらぼう。照明を落としても、マイルドな語り口が活きて安心です。

円満師は酔っぱらい。下戸らしからぬ気持ちよく酔っていく芸はお手のものです。

北見伸さんカッケー! ステファニーは瞳ナナさんと小泉ポロンさんです。

鯉栄師は赤垣源蔵の徳利の別れ。キリッとした男前の佇まいがあり、客席をおもんぱかって率いていく心意気があります。