ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

松鶴家千とせさんカッケー!

立川流日暮里寄席です。

らく葉が道具屋。変化球じゃない、直球勝負で語れる足腰を鍛えてください。

らく兵さんは長短。亭号がとれた複雑な表情を活かして顔で魅せる工夫があります。

志のぽんさんは権助魚。師匠譲りのよくわかる語りに飄々とした持ち味をのせます。

志らら師は子ほめ。真打になって明るく楽しく突き抜けてくれたのがウレシイです。

里う馬師はお化け長屋。後の威勢のいい男の加減が、オトナでイナセでさすがです。

らく次さんは湯屋番。いつのまにか語りにコシ・タメが入って、腕を上げています。

ゲストは主任の招きで松鶴家千とせさん。何より懐かしく今なお健在な、磨きぬいた話芸がカッケー!! 客席も感激です。

左平次師は子はかすがい。その後で前半はやり難そうでしたが、主任らしく家族の絆をしっかりまとめました。