ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

柳之助師 人柄のにじむ不動坊

今日の日本亭定席は柳之助師の会です。

6月の寿昇進で遊子になる遊松が転失気。

音助さんは黄金の大黒。若いのにしっかりシブくおさえてキメました。

鯉橋師はだくだく。とぼけた表情、確かな仕草、絵の工夫も楽しめます。

柳好師はお見立て。ほのぼの感がいっぱいで杢兵衛お大尽が愉快です。

柳之助師の一席目は青菜。植木屋さんの実直な人柄が感じられて素敵です。

一矢さん。

柳之助師のトリは不動坊。プロットを端正に整えて、丁寧に登場人物を描いていく、好演です。