読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

伸三さんの一皮むけた宿屋仇

日本演芸家連合の大演芸まつりは芸協の当番で、成り上がる二ツ目たちです。

伸力が新聞記事。

小痴楽さんは一目上がり。イケメンの色気に実力がノッてきてキリッと粋に仕上げます。

昇也さんは寄合酒。もたつかず散漫にならず、空気感を生む快調な流れを掴んでいます。

松之丞さんは宮本武蔵の山田真龍軒。客席の気をまとめあげる迫力は申し分ありません。

宮治さんはお菊の皿。都市伝説風怪談からお菊の皿。そりゃ美人じゃないけど爆笑です。

仲トリの小遊三師は大師匠・四代目円馬の最期の模様をしみじみ語って、おなじみの弥次郎。

代表の金馬師と小遊三師、小痴楽さん、宮治さん、司会は昇也さんで口上。

昇々さんは最終面接。ハンパない緊張ぶりで魅せる昇々流を久しぶりに堪能しました。

鯉八さんはつくね板と身投げ女....? 客席の女性が思いっきり笑っていてさすがです。

ボンボンブラザースさん。

雷太改め伸三さんは宿屋の仇討。笑いをとる工夫が光って(一皮むけたようで)爽快感があります。