読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

正蔵師の素敵な表情の藪入り

国立演芸場の夜の部です。

百んがが道具屋。

はな平さんはたらちね。国立では丁寧に確かめるように演っています。

百栄師は弟子の強飯。いろんな意味で落語好きを楽しませてくれます。

漫才は一風・千風さん。

三平師は出征祝。祖父7代目正蔵の国策落語で反戦のメッセージです。

馬桜師は居残り佐平次。軽妙に繰り出しては玄妙に引き込む話芸です。

種平師は死ぬならいま。鳴り物入りの船まで本格的な語りが冴えます。

はん治師は千早ふる。誠実な芸風を活かして自然に笑わせてくれます。

元気でなによりのペーさんが鉄腕アトムを歌ってくれます。

正蔵師は藪入り。親の表情が理屈抜きに輝いていて素敵です。(鼠の切符はなくなりますか)