読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談之助師 家元直伝の五目講釈

今日は立川流日暮里寄席です。

只四楼が真田小僧

笑二さんは子ほめ。このところくすぐりの入れ方に余裕が見えます。

談吉さんは弥次郎。ときに走れどキレのいい語り口が活きています。

※ここで商用でやむを得ず中座。志らら師を観られなくて残念です。

里う馬師は短命。どんだけっていうほど具体的に押すのが流儀です。

志の春さんはナンシー。心をこめたストーリーを織り込みたいです。

談慶師はかぼちゃ屋。音をあげる~が、いい感じに練られています。

談之助師は五目講釈。兵庫船、桑名船、鮫講釈、くしゃみ講釈などの貴重な家元オリジナルでした。