ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

寿還暦 金太郎師の渾身の帯久

上野広小路亭の定席です。

あまぐ鯉が牛ほめ。

楽ちんが犬の目。

昇吾さんは権助魚。

遊喜師は子へのまなざしが温かい真田小僧

やなぎ南玉さん。

イケメン昇々さんは得意の若旦那の湯屋番。

鯉昇師は独自の玄妙な工夫のあるうなぎ屋。

東京ボーイズさん。

小柳枝師はじわっと伝わる子はかすがい。

クイツキの小柳師はとにかく愉快に転失気。

ひでややすこさん、奥さまにはウケてます。

遊之介師は丁寧にとぼけた感じでがまの油。

円輔師は滋味が染み込んだ語りで夢の酒。

小天華さん。

歌春師はどこまでも和ませてくれる崇徳院

──そのまんま流し込みで、お好み寄席です。

伸力がまんじゅう怖い。

寿昇進の喜太郎さんは嫁自慢からの初天神

金太郎師の急きょ登板の1席目は軽く短命。

西ゆかりさん、なんだか鬼気迫っています。

文月師は恬淡として空気を描いていく笠碁。

小夢師はマイルドに要所を掴んでいく親子酒。

金太郎師のトリは還暦にちなんだ渾身の帯久。