ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

好楽師 辻占~里う馬師 付き馬

しのばず寄席の昼の部です。

遊かりが金明竹の序。

こはるさんは権助魚。元気よく演じながら立川流のクールな権助です。

談慶師は人情八百屋。立川流ならではの語り口がぐっと胸に染みます。

がまの油の源吾朗さん。

遊吉師は井戸の茶碗。聞きなれた好調子で、客席の気をそらしません。

水戸美人の真紅さんは桂昌院・お玉。紅師をしっかり継承しています。

初音さん。

好楽師は辰巳の辻占。年季の入った風情のある小粋な語りに納得です。

──そのまんま流し込まれて夜の部です。

遊かりが新聞記事。

くま八さんはカラオケ病院の芸協ならではの収監?TVショッピング。

牧正さん。

昭島市観光親善大使の一凛師は、不老軒宇多々の月廼野露草雙紙の序。

鳳志師は試し酒。じつはかなり本格派なのに楽しく笑わせてくれます。

左利きさん。

里う馬師は付き馬。つべこべ言わずに大きく構えて気分爽快にだましてくれます。