読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

里う馬師 厚みのある蜘蛛駕籠

雨ん中の立川流夜席です。

らく葉が道灌。

らく人さんは真田小僧。独自のひょろひょろ芸風で表情豊かに演じます。

らく兵さんはお花半七。美男美女を懸命に演じるだけで笑っちゃいます。

談慶師は唖の釣。立川流与太郎もジェスチャーも、底抜けに愉快です。

志らら師は親子酒。まだ熟していないフレッシュ真打の酔いっぷりです。

里う馬師は蜘蛛駕籠。あ~ら熊さんにも踊る男にも重厚感たっぷりです。