読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

志ん吉さん 力量ある中村仲蔵

黒門亭は光る二ツ目の会です。

百んがが浮世床の本。

天歌さんはざるや。高らかに響かせる売り声はなかなかキマってます。

美るくさんは悋気の独楽。女たちはもちろん定吉も明るくってナイスです。

朝也さんは扇橋師譲りという魂の入替。初見ですが、軽いタッチで結構楽しめました。

志ん吉さんは中村仲蔵。研精会以来ですが、旗本や五段目の描写に語る力の充実を感じます。